月面では昼と夜がそれぞれ14日間も続く。そこで昼間は太陽光発電による電気で水を水素と酸素に分解してそれぞれ貯蔵、夜間は貯蔵した水素と酸素を反応させて燃料電池として発電を行う。
記事本文に戻る

価格別・目的別に検索できる

人気記事

価格別・目的別に検索できる

編集部おすすめ記事

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.