①パーゴラ屋根。フレーム内のガラス面では高効率の太陽光発電を行うことも想定。懸架された「Passenger VTOL」プロペラユニットはここで充電される。
②エレベーターでせり上げられたキャビンユニットは、プロペラユニットと合体され、飛行モードに切り替わる。
③充電中の走行ユニット。バーティポートに到着した飛行モードの「Passenger VTOL」は、走行ユニット上に着陸してドッキング、道路を自走できるようになる。
④「Passenger VTOL」は、さまざまなモビリティを組み合わせることで都市の新たな物流拠点を担うことも視野に入れている。
記事本文に戻る

価格別・目的別に検索できる

人気記事

価格別・目的別に検索できる

編集部おすすめ記事

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.