2024年2月9日、バイク王&カンパニー(以下、バイク王)は電動バイクの「GOCCIA GEV600」と、電動キックボードの「YADEA KS6 PRO」を首都圏の一部店舗とオンラインショップで販売を開始した発表した。

いずれも車両価格は20万円未満

バイクの販売・買取を主な事業とするバイク王はいま電動モビリティの販売事業を強化しており、2024年1月26日には特定小型原付「e-FREE 01」を一部店舗での販売をスタートさせたばかり。従来、電動キックボードタイプがほとんどだった特定小型原付市場の中で、数少ないサドル付きの自転車タイプとしての登場だった。

そして2024年2月9日、バイク王は新たな電動モビリティ「GOCCIA GEV600」と「YADEA KS6 PRO」のふたつを相次いで発売したことを発表。取扱店舗は世田谷本店、GLOBO蘇我店、HUNT木更津店、横浜瀬谷店、草加店、e-bike UENOに加えて、オンラインショップe-bikeでも行われる。

画像: GEV600はリアホイール内にモーターを組み込んだ「リアハブモーター」を搭載する。

GEV600はリアホイール内にモーターを組み込んだ「リアハブモーター」を搭載する。

パイプフレーム剥き出しのシンプルなデザインが特徴のスクータータイプ「GOCCIA GEV600」は、バイク用品の開発・販売で知られるプロトが輸入し日本向けに改良したモデルで、一般原付の規格となる。原付免許はもちろん普通車運転免許を所持していれば運転することができる。

特徴はいくつかあるが、大きなポイントは軽量さだろう。エンジンを搭載した一般原付の車両重量は80kg前後であることが多いが、このモデルは58kgと軽量なため狭いところでの取り回しやすさがある。また0.96kWhのバッテリーを搭載して航続可能距離は70km(30km/h定地走行)だから、近所への買い物などだけでなく、ちょっとした遠出にも便利そうだ。また、14インチと大きいサイズのタイヤを装着することで、走行安定性も高められている。

カラーバリエーションは写真のライトブルー×グレーを含めて6色、またフロントラゲッジやリアボックスなどアクセサリーも豊富に用意されて、車両価格は19万6900円に設定されている。

もうひとつの「YADEA KS6 PRO」はその名のとおり、電動モビリティ業界では世界最大級の規模を誇る香港のメーカー YADEA(ヤデア)の電動キックボードで、16歳以上が免許なしで乗れる特定小型原付にあたる。

画像: YADEA KS6 PROは耐パンク加工タイヤやフロントサスペンションを採用する。

YADEA KS6 PROは耐パンク加工タイヤやフロントサスペンションを採用する。

前輪にドラムブレーキ、後輪にディスクブレーキを搭載するのに加えて、後輪に回生ブレーキを備えるという贅沢なハイエンドモデルだ。坂の多い日本の道路環境ではエネルギー回生による効果を期待できる。カタログ上の航続可能距離は60kmとなっている。

国交省制定の保安基準「性能等確認制度」をクリアしているので、保安基準適合モデルとして安心して購入できるのもポイントだ。車両価格は19万8000円で前述のGEV600とほぼ同じだ。

This article is a sponsored article by
''.