2023年12月7日、株式会社日翔グローバルは特定小型原動機付自転車規格の電動キックボード「J-STEP NS-500W」を「OSAKA MOBILITY SHOW 2023」に出展し、発売を開始すると発表した。

ハイパワーモーターで坂道にも対応

今回発表された電動キックボード「J-STEP NS-500W」は、国土交通省認定の公益財団法人 日本自動車輸送技術協会(JATA)検査機関において、保安基準適合性および性能等確認検査に合格したモデルだ。

タイヤサイズは、電動キックボードで一般的な8~8.5インチのものではなく大径のエアレス10インチタイヤを採用していることが特徴だ。パンクしない嬉しい仕様である代わりに、乗り心地はかなりハードになるのがエアレスタイヤの特徴だが、それを踏まえて前後減衰ダンパー、前後ディスクブレーキ等を標準装備しているので、ガタガタな路面や小さい段差も安定して走行ができるそうだ。

画像: エアレスタイヤを採用しているため、路面のギャップを拾いやすいので、減衰ダンパーは嬉しい装備。

エアレスタイヤを採用しているため、路面のギャップを拾いやすいので、減衰ダンパーは嬉しい装備。

走りの質に直結するモーターに関しては、48V・500Wのハイパワーモーターを搭載しているため、電動キックボードの中では加速力、登坂性能に優れたモデルであることは間違いないだろう。

ちなみに、エントリー~中級モデルでよく採用されている36V・250~350Wモーター搭載車両だと、大体の登坂性能は10~15度程度であるところを、「J-STEP NS-500W」はそれよりも上回ることになる。

もちろん、電動モーターは常にフルパワーで出力し続けられるわけではないので、きつい勾配が続く暗峠を実際に最後まで登れるかどうかはわからないが、スペック的にどのくらいの坂まで対応しているのかの参考にはなるだろう。

普段使いに嬉しい航続距離・防水性能

また、電動キックボードの標準バッテリーとしては大容量の13Aバッテリーを採用しているため、航続可能距離は50kmを誇る。また、車両本体はIP55相当の防水性能を持ち、水たまりへの意図的な進入は厳しいが、小雨が降っている程度であれば乗ることができるくらいの防水性を備えている。

画像: 急な雨でも慌てずに済むという安心感があるのは良いことである。

急な雨でも慌てずに済むという安心感があるのは良いことである。

もっとも、電動キックボードはタイヤサイズや車両性能上、しっかりと雨が降っている状況では実質的に走行できない、するべきではないので、あまり気にしすぎることではないかもしれないが、帰り道を走行中、急に雨が降ってきたときなどに対応できるのは有り難い。

This article is a sponsored article by
''.